福岡県内の公務員に30日、夏のボーナスが支給されました。

新型コロナウイルス対策にあてるためとして、知事や福岡市長などはボーナスを削減しています。

このうち福岡県はおよそ4万人の職員に、夏のボーナス総額348億8700万円を支給しました。

行政職員の平均額は2019年より1万円少ない、およそ80万8000円となっています。

福岡市の平均支給額は2019年よりおよそ8000円高い82万8000円、北九州市は2019年より1000円ほど少ないおよそ88万円でした。

一方、福岡・北九州・久留米の3市長は、新型コロナ対策にあてるためおよそ270万円から340万円の夏のボーナスを全額カットしました。

また、小川知事も、ボーナスを含む年度内の給与の2割、あわせておよそ453万円を削減しています。