梅雨の季節、雨に濡れて美しさを増すのが、アジサイです。

北九州市の植物公園では、多種多彩なアジサイを楽しむことができます。

【リポーター】
「まさに今、見頃を迎えているアジサイ。訪れた人たちはソーシャルディスタンスを保ちながら、写真を撮るなどして楽しんでいます」

北九州市門司区にある白野江植物公園。

およそ40種類、3000株のアジサイが色鮮やかに咲き誇っています。

こちらは「フェアリーアイ」という品種。

可愛らしい八重の花をつけるアジサイで、ボリューム感があるのが特徴です。

そしてこちらは「八丈千鳥」。

その名の通り伊豆諸島の八丈島で、10年ほど前に発見された品種で、土の質によって花の色が左右されるアジサイの中では珍しく、白一色。

長く伸びた花びらは繊細な雰囲気を漂わせます。

こうした珍しいアジサイの数々に訪れた人たちは…

【訪れた人】
「心安らぐ感じですね、久しぶりに出てきました」

「子どもにもきれいなアジサイをいっぱい見せられたので、本当によかったです」

早咲きのヤマアジサイは30日まで、西洋アジサイは7月上旬まで楽しむことができるということです。