萩・負担軽減へ「リモコン式自走草刈り機」説明会

萩・負担軽減へ「リモコン式自走草刈り機」説明会

高齢化が進む農家の負担軽減を目指し、離れた場所からリモコンで動かす草刈り機の説明会が、山口県萩市で開かれました。県萩農林水産事務所が開いた説明会には、農家など50人が参加し、リモコン式の草刈り機の実演が行われました。草刈りは足場が悪いところを機械を担いで歩きながら作業するため、農家にとっては大きな負担です。リモコン式の草刈り機は重さは200キロですが、離れた場所から操作することができます。刈り取る幅は60センチで、傾斜角度は最大40度まで作業が可能となっています。阿武・萩地域は山間部で斜面も多く、農家の高齢化も進んでいることから、特に草刈りは重労働ということです。県は農作業の省力化に取り組んでいて、説明会で出てきた現場の声を今後に役立てたいとしています。

関連記事

tysテレビ山口の他の記事もみる

中国/四国の主要なニュース

山口 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索