山口県下関市で感染が確認されたフィリピン人について濃厚接触者が30人以上いることが分かりました。きょう夕方対策本部の会議が開かれフィリピン人男性の濃厚接触者が34人程度いたことが報告されました。市によりますと、感染が確認された男性の同僚には、フィリピンから一緒に来た4人と一足先に来ていた1人がいてそのうち1人はすでに帰国しています。男性を除いた4人と日本側の出張先企業や取引先の関係者30人程度が濃厚接触者とされました。フィリピンからの4人は滞在先のホテルに待機し、日本側の30人ほども自宅待機しているということです。感染が確認された男性は、熱や咳、下痢の症状はあるものの容体は安定しているということです。また、濃厚接触者で現在、症状がある人はいないということです。