新型コロナウイルスの感染者は、県内で6人になりました。留学先のヨーロッパから帰国し、きのう感染が確認された山口市の男子学生の40代の母親が、新たに感染していたことが分かりました。感染が確認されたのは、きのう、陽性と確認された山口市の20代の男子学生と一緒に暮らす、40代の母親です。男子学生は去年5月からヨーロッパに留学していて、今月19日に成田空港経由で福岡空港に到着し、山口市内の実家には、父親が運転する車で戻りました。22日の夕方に37度の発熱があり、おととい、山口環境保健所に相談。きのう、PCR検査で感染が確認されました。県は、国外で感染した可能性が高いとみています。母親は23日からけん怠感があり、きのう、男子学生の入院手続きのため指定の医療機関に同行しました。そこで採取した検体から、きょう、陽性が確認されました。県によりますと、男子学生と母親の容体は、ともに安定しているということです。男子学生の父親ときょうだい、帰国後に接触した友人は、PCR検査の結果陰性だったということです。山口市内の感染者はこれで2人で、県内では6人になりました