防府市で造成中の民間の産業団地「防府第二テクノタウン」に市内の加工食品製造会社が進出することになりました。この産業団地に企業が進出するのは初めてです。防府市浜方の「防府第二テクノタウン」進出を決めたのは、市内の食品加工会社、ターメルトフーズです。生産設備を増強するため移転します。計画では、およそ8900平方メートルの敷地に工場を建設します。着工は9月の予定で来年7月の稼働を目指します。「防府第二テクノタウン」は、大和ハウス工業が旧中関ゴルフ場の跡地に開発を進める産業団地です。山陽道のインターチェンジや三田尻中関港に近く交通の利便性が高いことから新たな産業拠点として期待されています。新工場では8人程度が新たに雇用される見通しで市では、「今後も新規の進出に期待したい」としています。