C・ロナウド、18億円の脱税容疑で7月31日に出廷へ

C・ロナウド、18億円の脱税容疑で7月31日に出廷へ

脱税容疑がかけられるレアル・マドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(32)の出廷日が決まったようだ。スペイン『アス』が報じている。

伝えられるところによれば、出廷日は7月31日の現地時間11時。C・ロナウドに対しては、2011年から2014年にかけて、総額1470万ユーロ(約18億2000万円)にも及ぶ肖像権収入を不正申告した疑いがかけられている。

そのC・ロナウドを巡っては、このたびの脱税疑惑の問題が引き金となり、クラブのサポート不十分として、今夏のレアル・マドリー退団を希望しているとみられている。今後もピッチ内外でトピックを飾ることになりそうだ。

関連記事

おすすめ情報

超ワールドサッカーの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索