マフレズがローマ行きを希望 「僕が話をしたいクラブ」

マフレズがローマ行きを希望 「僕が話をしたいクラブ」

レスター・シティのアルジェリア代表MFリヤド・マフレズ(26)がローマ移籍を希望していることを認めた。同選手がイギリス『スカイ・スポーツ』で語った。

今夏、レスター退団の意向をクラブに伝えたといわれるマフレズには、今夏リバプールへ旅立ったエジプト代表FWモハメド・サラー(25)の後釜の確保を目指すローマが、これまで2度のオファーを掲示したものの、レスター側に拒否された。

4日にはローマのモンチSD(スポーツ・ディレクター)が、「マフレズに関して交渉の進展はない」と語った一方、3500万ユーロ(約46億円)の新オファーを掲示したとの報道も出ている。

今夏の去就に注目が集まる中、『スカイ・スポーツ』のインタビューに答えたマフレズは、ローマ移籍を希望していることを認めた。

「ローマからオファーが届いていることは知っているよ。ただ、レスターがオファーを受け入れるまで僕にできることは何もない」

「彼らは偉大なクラブだし、話をしてみたいクラブだよ。だけど、レスターがオファーを受け入れない限り、僕たちが話すことはできない」

「レスターは僕の考え(退団の意思)を知っている。だけど、ここに居る限りは自分のベストを尽くすつもりだ」

「移籍市場では多くのビッグクラブとの関係が話題に上がるけど、僕に関してはどのクラブとも具体的な話し合いはなかったよ。ただ、移籍市場閉幕まで残り1カ月ほどあるから、何が起きるか見てみよう」

なお、レスターでは先日にマンチェスター・シティからナイジェリア代表FWケレチ・イヘアナチョの獲得が決定し、U-21イングランド代表FWデマライ・グレイの残留も濃厚となっており、今後の交渉次第ではマフレズの希望通り、ローマ行きが決定する可能性は十分にあると思われる。

関連記事

おすすめ情報

超ワールドサッカーの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索