トッテナム右SBトリッピアーが負傷 松葉杖でピッチを後に

トッテナム右SBトリッピアーが負傷 松葉杖でピッチを後に

トッテナムに所属するイングランド代表DFキーラン・トリッピアーが5日に行われたユベントスとのプレシーズンマッチで負傷した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。

右サイドバックで先発したトリッピアー。しかし、DFアレックス・サンドロとの接触で41分にDFカイル・ウォーカー=ピータースとの交代を余儀なくされた。『スカイ・スポーツ』は試合後、右足に固定器具を装着した上、松葉杖をついてスタジアムを後にする痛々しいトリッピアーの姿を報じている。

トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督は、「月曜日まで結果を待たなくちゃいけない。松葉杖を使っているのは事実だが、大きな問題にならないことを願う」と静観の姿勢を貫いた。

トッテナムは今夏、イングランド代表DFカイル・ウォーカーをマンチェスター・シティに放出。プレミリーグ開幕前に、トリッピアーが負傷離脱となれば、トッテナムにとって痛手となりそうだ。

トッテナムは13日、プレミアリーグ開幕節で昇格組のニューカッスルとアウェイで対戦する。

関連記事

おすすめ情報

超ワールドサッカーの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索