岡山FW赤嶺真吾が右脛骨近位部骨挫傷で全治6〜8週間

ファジアーノ岡山は8日、FW赤嶺真吾の負傷を発表した。

赤嶺は5日に行われた明治安田生命J2リーグ第26節の京都サンガF.C.戦で負傷。先発出場を果たすも、36分にFW藤本佳希と交代していた。

クラブの発表によると、赤嶺は右脛骨近位部骨挫傷と診断。全治は6〜8週間とのことだ。赤嶺は今シーズンの明治安田生命J2リーグで11試合に出場し7得点を記録している。

関連記事

おすすめ情報

超ワールドサッカーの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索