セインツ、クラブ史上最高額でユベントスからMFレミナを獲得!

セインツ、クラブ史上最高額でユベントスからMFレミナを獲得!

サウサンプトンは8日、ユベントスからガボン代表MFマリオ・レミナ(23)をクラブ史上最高額の移籍金で獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までの5年となる。

なお、ユベントスの発表によると、1700万ユーロ(22億円)を3年間の分割で受け取り、ボーナスとして最大300万ユーロ(約4億円)が支払われる可能性があるという。

サウサンプトンへの加入が決定したレミナは、クラブ公式サイトで意気込みを語っている。

「サウサンプトンと契約することができて本当に幸せだよ。個人的にこのクラブのプロジェクトに惹かれ、家族もこの決断を支持してくれた。だから、ここに来ることができて本当に満足しているよ」

レミナは2015年夏、マルセイユからユベントスにレンタル移籍。翌シーズンにユベントスへの完全移籍した。卓越した身体能力を武器に攻守両面で貢献できるセントラルMFは、昨シーズンの公式戦29試合に出場し、1ゴール1アシストを記録。ユベントス加入以来、セリエA、コッパ・イタリアで2度ずつの優勝を経験している。

関連記事

おすすめ情報

超ワールドサッカーの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索