フィオレンティーナ、トリノからU-21イタリア代表主将のMFベナッシを5年契約で獲得

フィオレンティーナは9日、トリノからイタリア代表MFマルコ・ベナッシ(22)を獲得した。契約期間は2022年6月30日までの5年間となる。移籍金については公表されていないがイタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、1000万ユーロ(約12億9000万円)となるようだ。

中盤セントラルを本職とするベナッシは、2014年夏にインテルとの共同保有でトリノに加入。翌年の夏に完全移籍すると、これまで3シーズンで公式戦98試合に出場し12ゴール10アシストをマーク。昨季はキャプテンとして、セリエA28試合に出場し、5ゴール3アシストを記録していた。

また、U-21イタリア代表でキャプテンを務めるベナッシは、ユーロ2016に向けたイタリア代表候補メンバー30名に選出されたが、本戦のメンバーには選ばれていなかった。

なお、フィオレンティーナは今夏の移籍市場で元スペイン代表MFボルハ・バレロとウルグアイ代表MFマティアス・ヴェシーノを放出しており、新MFの獲得が急務となっていた。

関連記事

おすすめ情報

超ワールドサッカーの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索