ドルトムント、O・デンベレ狙うバルセロナに最低193億円要求

イギリス『ガーディアン』は、ドルトムントがフランス代表FWウスマーヌ・デンベレ(20)を狙うバルセロナに対して、最低でも1億5000万ユーロ(約193億9000万円)を要求していると報じた。

バルセロナは今夏、ブラジル代表FWネイマールがパリ・サンジェルマン(PSG)に移籍。代役確保に動くとみられる。その筆頭として伝えられるのがO・デンベレ。既に個人合意したとの見方も強まっているところだ。

だが、ドルトムントも容易く有望株を手放すつもりはない。ドルトムントのハンス・ヨアヒム・ヴァツケ最高経営責任者(CEO)は先日、1億ユーロでのO・デンベレ放出を否定。できれば売却したくないとの意思を表明した。

ちなみに、ドルトムントが希望額1億5000万ユーロでO・デンベレを手放すとなれば、獲得した際の投資額1500万ユーロから10倍の収益に。そのうち、3000万ユーロはO・デンベレの古巣であるレンヌに支払われるという。

O・デンベレは、昨夏にドルトムント入りし、昨シーズンの公式戦49試合に出場して10得点21アシストを記録。両足から繰り出される遜色のないキック精度やドリブルスキルを武器とする評価急上昇中のホープだ。

関連記事

おすすめ情報

超ワールドサッカーの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索