長崎が新潟FW平松宗を期限付き移籍獲得「J1昇格、J2優勝を目指して」

V・ファーレン長崎は12日、アルビレックス新潟に所属するFW平松宗(24)の期限付き移籍での加入を発表した。契約期間は2018年1月31日までとなっている。

平松は、2015年に国士舘大学から新潟に入団。1年目はリーグ戦でリーグ戦13試合に出場するなど、公式戦21試合に出場。しかし、昨シーズンは出場機会に恵まれず、シーズン途中に水戸へ期限付き移籍していた。

新潟へ復帰した今シーズンは、明治安田生命J1リーグで2試合、YBCルヴァンカップで6試合、天皇杯で1試合に出場していた。平松は両クラブを通じてコメントしている。

◆V・ファーレン長崎
「はじめまして、こんにちは!アルビレックス新潟から来た平松宗です!V・ファーレン長崎に来させてもらえて、本当に感謝しかありません。これからVファーレン長崎に関わるすべての人たちの笑顔のために、全力でプレーさせてもらいます!J1昇格、J2優勝を目指してがんばっていきましょう。これからよろしくお願いします!!」

◆アルビレックス新潟
「いつもサポーターの皆さんには熱く温かい声援を送っていただき、ありがとうございます」

「このたび長崎へ移籍することになりました。チームが苦しい時にクラブから出ることは本当に悩みましたが、今の自分の実力ではチームの勝利に貢献できないと思い移籍を決意しました。覚悟を持って感謝の心を忘れず、がむしゃらに結果を求めてがんばるので、こんな僕ですが応援よろしくお願いします!」

「選手にとって、本当にサポーターの方々の声援が選手の力になっているので、これからもよろしくお願いします!」

関連記事

おすすめ情報

超ワールドサッカーの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索