浅野フル出場、原口途中出場で日本人対決実現、ヘルタが新戦力の2発で勝利《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第1節ヘルタ・ベルリンvsシュツットガルトが19日に行われ、2-0でヘルタが勝利した。ヘルタのMF原口元気は76分からプレーし、シュットガルトのFW浅野拓磨はフル出場している。

原口がベンチスタート、浅野がフラットな[4-4-2]の右サイドで起用された一戦。ヘルタが立ち上がりからボールを保持する中、シュツットガルトは浅野がスピードで牽制して応戦していく。

互いにシュートに持ち込めず膠着状態が続く中、ヘルタは40分にようやくエスヴァインが枠内シュートを浴びせてGKツィーラーを脅かした。しかし、ゴールは生まれず前半を0-0で終えた。

迎えた後半、開始30秒にヘルタが均衡を破る。ボックス右に抜け出したレッキーが深い切り返しでDFを外し、左足でシュート。これがゴール左に吸い込まれた。

失点を受けて前がかるシュツットガルトは53分、ボックス右に抜け出したテローデがシュート。しかし、GKヤルシュテインの正面を突いた。

すると62分、ヘルタは左CKの流れからルーズとなったボールをゴールエリア左のレッキーが左足で蹴り込んで加点した。

2点を追うシュツットガルトは74分、浅野にビッグチャンス。ボックス右に抜け出して思い切りよく右足を振り抜くと、シュートは右ポストを直撃した。

ひやりとしたヘルタは76分、カルーに代えて原口を左サイドにそのまま投入。浅野との日本人対決が実現した。

原口が守備に徹するヘルタはシュツットガルトをシャットアウト。白星スタートを切っている。

関連記事

おすすめ情報

超ワールドサッカーの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索