北九州、佐野達氏の強化育成本部長就任を発表

北九州、佐野達氏の強化育成本部長就任を発表

ギラヴァンツ北九州は22日、佐野達氏(54)が強化育成本部長に就任することを発表した。

佐野氏は、選手としてはセンターバックとしてプレー。1992年、Jリーグ誕生以前に引退しているものの、日産自動車サッカー部(横浜F・マリノスの前身)ではキャプテンを務めることもあり、天皇杯優勝2回含む計7つのタイトル獲得に貢献した。さらに、1988年〜1990年には日本代表に招集され、出場した経験も持っている。

指導者としては1993年に横浜マリノス(現・横浜F・マリノス)でキャリアをスタート。2009年にはザスパクサツ群馬の監督を務め、2010年〜2012年は当時JFLだったV・ファーレン長崎で監督と強化部長を兼任し、リーグ優勝、J2昇格を成し遂げた。優勝年の2012年には、JFL最優秀監督賞を受賞している。

昨シーズン、今シーズンはJFLのヴェルスパ大分で指揮を執っていたが、契約満了での退団となっている。

関連記事

おすすめ情報

超ワールドサッカーの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索