セビージャ、モンテッラ体制後リーガ2連敗で5戦勝利なし《リーガエスパニョーラ》

セビージャ、モンテッラ体制後リーガ2連敗で5戦勝利なし《リーガエスパニョーラ》

セビージャは14日、リーガエスパニョーラ第19節でアラベスとのアウェイ戦に臨み、0-1で敗れた。

前節ベティスとのセビージャ・ダービーを3-5と敗れた5位セビージャ(勝ち点29)は、モンテッラ体制下でのリーガ初勝利を目指す中、3日前に行われ2-1で勝利したコパ・デル・レイ5回戦2ndレグのカディス戦のスタメンから4選手を変更。エンゾンジやコレア、サラビアらがベンチスタートとなってヘスス・ナバスやノリート、ピサーロらがスタメンとなった。

18位アラベス(勝ち点15)に対し、[4-2-3-1]を採用したセビージャは1トップにイェデル、2列目に右からヘスス・ナバス、バネガ、ノリートを据えた。そのセビージャは4分にバネガが左足ミドルでゴールに迫ったが、その後は自陣に引くアラベスを崩せず苦戦が続く。

全くシュートシーンを作れないセビージャは、前半半ばから終盤にかけてはアラベスにやや押し込まれると、43分にはグイデッティにボックス左から決定的なシュートを浴びてしまった中、前半を0-0で終えた。

迎えた後半、良い流れで前半を終えていたアラベスが52分に先制する。CKの流れからムニルの浮き球パスをボックス左のマヌ・ガルシアが正確なトラップで処理し、シュートをゴール右に流し込んだ。

失点を受けてガイスを下げ、サラビアを投入したセビージャが圧力をかける流れとなるも、やはりチャンスを作れず73分にはヘスス・ナバスに代えてムリエルを投入した。

すると81分にようやく決定機。メルカドの右サイドからのクロスにノリートが左足でプッシュ。しかし、わずかに枠の右に外れた。そして83分にはドゥアルテに2枚目のイエローカードが提示されて退場となり、数的優位となったセビージャだったが、イェデルの直接FKはわずかに枠を外れ、0-1のままタイムアップ。モンテッラ体制後リーガ2連敗となって、5戦勝利から見放されている。


関連記事

おすすめ情報

超ワールドサッカーの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索