【六川亨の日本サッカーの歩み】コバルトーレ女川と村田監督

【六川亨の日本サッカーの歩み】コバルトーレ女川と村田監督

昨日はJ3とJFL(ジャパンフットボールリーグ)の開幕日だった。そして3月11日といえば、7年前に東日本大震災で東北地方が甚大な被害を受けた日でもある。夢の島陸上競技場でのFC東京U-23対沼津のJ3を取材したが、2時キックオフの試合前には7年前の災害に黙祷が捧げられた。おそらくどの会場でも黙祷が捧げられたことだろう。

そして静岡県浜松市都田サッカー場では昨シーズンのJFL覇者・ホンダFCと、今シーズンJFL昇格を決めたコバルトーレ女川が対戦した。試合は1-2で敗れて女川は初戦を飾ることはできなかったが、いまなお復興に取り組む被災地を励ましたことだろう。

女川には震災前と震災後の2度訪れたが、女川湾の漁港を中心に扇状に家屋やビルが広がる風光明媚な町だった。それが最大15メートルの津波で跡形もなく消えていたのを目の当たりにした時は声を失ったものだ。

コバルトーレ女川は将来のJリーグ入りを目指して06年に誕生した。最初は石巻市民リーグからスタートし、10年には東北社会人リーグ1部に昇格と順調に歩んできたものの、11年の震災で1年間の活動中止を余儀なくされた。それでもチームの再開を願う町内企業が選手の雇用を受け入れるなどの協力もあり、12年に東北社会人リーグ2部から再出発。1年で1部に復帰し、16年には初優勝を遂げる。そして昨シーズンは全国地域サッカーチャンピオンズリーグでも優勝し、初のJFL昇格を決めた。

今年からチームを率いるのは東京ヴェルディや日テレ・ベレーザのコーチなどを歴任した村田達哉氏(45歳)。もともとは読売ユース出身で、読売ジュニオールでJSL(日本サッカーリーグ)2部にデビュー。その後はヴェルディ川崎や札幌、仙台などでプレーして、05年に指導者の道に転身した。

彼の名前を覚えていたのは、読売ユースの時代に試合を取材したことがあるからだった。レフティーの左SB(サイドバック)で攻撃参加を得意とし、当時読売サッカークラブのコーチを務めていた松木安太郎氏(現解説者)が、「和製ロベカルです」と教えてくれたからだった。

選手として大成することはなかったものの、現役引退後は仙台のフロント入りし、キエーボ・ヴェローナにコーチ留学するなど宮城県と縁があったから女川の監督に就任したのだろう。リーグ戦は第2、3節とアウェーが続くが、4月1日の第4節ではホームの石巻フットボール場に戻ってくる。きっと多くのファンが訪れることだろう。


【六川亨】1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた、博識ジャーナリストである。


関連記事

おすすめ情報

超ワールドサッカーの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索