ミラン前監督、イタリア代表初招集のクトローネは「愛弟子のように感じる」

ミラン前監督、イタリア代表初招集のクトローネは「愛弟子のように感じる」

ミランのFWパトリック・クトローネが、イタリア代表に初めて招集された。セビージャを率いるヴィンチェンツォ・モンテッラ監督は、“愛弟子”の飛躍を喜んでいる。イタリア『ラジオ・アンキーオ・スポルト』で話している。

クトローネは現在20歳のアタッカー。ミランの下部組織出身で、各世代別の代表を経験してきた。今季からトップチームに定着しており、ここまでセリエAで7得点を挙げている。

昨年11月までミランを率いていたモンテッラ監督は、クトローネをトップに引きあげた人物ということになる。教え子のイタリア代表招集についてセビージャ指揮官は「本当にうれしいよ。自分のことのようだ。自分の“愛弟子”と少し感じたりするね」とコメント。「我々は彼に熱心だったし、彼も練習で向上したいという気持ちを出してきた。将来、代表を背負う選手になるよ」と喜びをあらわにしている。

クトローネ本人は「信じられない」と代表招集を喜んでいた。前ミラン指揮官はデビューの瞬間を心待ちにしているのかもしれない。


関連記事

おすすめ情報

超ワールドサッカーの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索