FIFAがFAに罰金…デレ・アリやスターリングの規則違反が原因に

FIFAがFAに罰金…デレ・アリやスターリングの規則違反が原因に

イングランドサッカー協会(FA)が、国際サッカー連盟(FIFA)から罰金を科せられたという。一体なぜなのだろうか。

イギリス『BBC』が伝えるところによると、ロシア・ワールドカップ(W杯)準々決勝のスウェーデン代表vsイングランド代表において、イングランド代表のMFデレ・アリ、MFエリック・ダイアー、FWラヒーム・スターリングの3選手が、イングランドにユニフォームを提供しているナイキのソックスの上に、FIFAの認可を受けていない別のソックスを履いていたようだ。

これに関してFIFAは「メディア・マーケティング規制と、用具規則に違反した」として、FAに対し5万ポンド(約740万円)の罰金を科すことを決定。また、イングランドの何人かの選手が「スウェーデンとイングランドの準々決勝の前と最中にソックスを着用し不正なコマーシャルブランディングを表示し続けた」と述べている。

なお、『BBC』によるとスウェーデンサッカー協会(SvFF)もラウンド16で同様の罰則を受けていたようだ。

また、FIFAはアルゼンチンサッカー協会(AFA)に対し、サポーターによる物の投げ込みや同性愛者を誹謗中傷するチャントを歌ったとして8万ポンド(約1100万円)の罰金を科しており、今回の件はロシアW杯で2番目に高い罰金額となったようだ。


関連記事

おすすめ情報

超ワールドサッカーの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索