ロッベン退場のバイエルン、レヴァンドフスキのドッペルパックでリーグ戦4試合ぶり勝利《ブンデスリーガ》

ロッベン退場のバイエルン、レヴァンドフスキのドッペルパックでリーグ戦4試合ぶり勝利《ブンデスリーガ》

バイエルンは20日、ブンデスリーガ第8節でヴォルフスブルクとのアウェイ戦に臨み、3-1で勝利した。

前節ボルシアMG戦をホームで0-3の完敗を喫してまさかのリーグ戦2連敗となった6位バイエルン(勝ち点13)は、コバチ監督の首が怪しくなってきている中、レヴァンドフスキやロッベン、ハメス・ロドリゲスらが先発となった。

開幕2連勝以降5試合勝利のない9位ヴォルフスブルク(勝ち点9)に対し、[4-3-3]を採用したバイエルンは、3トップに右からロッベン、レヴァンドフスキ、ニャブリと並べ、中盤アンカーにハビ・マルティネス、インサイドにハメス・ロドリゲスとチアゴを配した。

そのバイエルンがポゼッションする流れとなると、12分にレヴァンドフスキが直接FKでGKを強襲。さらに22分、オーバーラップしたキミッヒが枠内シュートを浴びせた。

続く25分、ロッベンのコントロールシュートでGKを強襲したバイエルンは、30分に均衡を破る。フンメルスのスルーパスに抜け出したレヴァンドフスキがボックス左からGKとの一対一を制して先制した。

32分にもボックス右からハメス・ロドリゲスが決定的なシュートを浴びせたバイエルンが1点のリードで前半を終えた。

迎えた後半開始3分、相手のバックパスをボックス内でカットしたレヴァンドフスキが追加点を奪ったバイエルンだったが、57分にロッベンが2枚目のイエローカードを受けて退場となってしまう。

そして63分、ボックス右のスペースをメーメディに突かれて折り返され、ヴェグホルストに押し込まれて1点差に詰め寄られてしまう。

暗雲が垂れ込めたバイエルンだったが、72分に勝負を決定付けた。レヴァンドフスキのパスをボックス右で受けたハメス・ロドリゲスが確実にゴール左へ決めて3-1と突き放した。

このまま3-1でバイエルンが勝利し、リーグ戦4試合ぶりの白星を飾っている。


関連記事

おすすめ情報

超ワールドサッカーの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索