首位通過を懸けたイランvsイラクの“隣国対決”はゴールレス決着…《AFCアジアカップ2019》

首位通過を懸けたイランvsイラクの“隣国対決”はゴールレス決着…《AFCアジアカップ2019》

AFCアジアカップUAE2019のグループD最終節のイラン代表vsイラク代表が16日に行われ、0-0の引き分けに終わった。この結果、イランの首位通過およびイラクの2位通過が決定した。

共にグループステージを連勝した同士のイラン(勝ち点6)とイラク(勝ち点6)グループ首位通過を懸けた一戦。引き分け以上で首位通過の決まるイランは、前節のベトナム代表戦から先発を4人変更。一方で首位通過には勝利が必要なイラクは、前節のイエメン戦から先発を2人変更して試合に臨んだ。

隣国同士の一戦ということもあり、立ち上がりから激しい攻防が繰り広げられる。そんな中、先にチャンスを迎えたのはイラン。12分、FKのセカンドボールを繋ぐと左サイドでパスを受けたアミリのクロスからゴール前に走り込んだアズムーンが頭で叩きつけたが、これはゴール右に外れた。

その後はしばらく膠着状態が続く。互いに中盤での集中した守りを見せる試合は、取っては奪われ奪われては取り返しての拮抗した展開に。そんな中、ゴールに迫ったのはイラク。35分、フセインのパスをボックス左手前で受けたアハメド・ヤシーンが素早く左足を振り抜くも、このシュートはゴール右に逸れた。

イランは42分、アミリのロングスローが流れると、ファーサイドで拾ったアズムーンが反転からシュート。さらに相手DFに当たったこぼれ球をA・ジャハンバクシュがダイレクトシュートで狙ったが、これは枠の上に外れた。

ゴールレスで迎えた後半も後半も膠着状態が続く。するとイランは、77分にカウンターからタレクの右クロスを途中出場のアラー・アッバスがバックヘッドで合わせたが、このシュートはGKベイランヴァンドのファインセーブに阻まれた。

試合終盤もややイラクが攻め気を見せたものの、試合はゴールレスのままタイムアップ。

また、同日開催に行われたグループD最終節もう一試合のベトナムvsイエメンは、2-0でベトナムが勝利した。この結果、グループ3位に入ったベトナムは決勝トーナメント進出の可能性を残している。


関連記事

おすすめ情報

超ワールドサッカーの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索