バイエルン、ディバラ獲得に向け94億円を用意か

バイエルン、ディバラ獲得に向け94億円を用意か

バイエルンが、ユベントスに所属するアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラ(25)の獲得に興味を示しているようだ。イギリス『90min』が伝えている。

バイエルンでは、前線を務めるFWアリエン・ロッベン、MFフランク・リベリが今夏に退団することが濃厚。それに加え、FWロベルト・レヴァンドフスキが現在30歳であり、FWトーマス・ミュラーも9月で30歳になる。

ニコ・コバチ監督は今夏にチームの若返りを目指しており、ディバラをリストアップしているという。アルゼンチン代表FWに関しては、リバプールとインテルも獲得に興味を示しているが、バイエルンは7500万ユーロ(約94億円)の移籍金と、ディバラ個人には1000万ユーロ(約12億5000万円)の年俸を提示する準備ができているようだ。

なお、カール・ハインツ・ルンメニゲ会長は過去に「市場には優秀な選手が数人居るが、私がバイエルンに連れてきたいのはディバラのような選手だよ」と獲得に興味を示している事を認めていた。

2015年にパレルモからユベントスに移籍したディバラは、今シーズンも公式戦29試合で8ゴール6アシストを記録。“宝石”とも称される華々しいプレーで、FWクリスティアーノ・ロナウドと共にクラブを牽引している。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

超ワールドサッカーの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索