千葉下部組織出身、東京五輪世代のMF浦田樹がウクライナのゾリャに加入…昨季は北九州でプレー

千葉下部組織出身、東京五輪世代のMF浦田樹がウクライナのゾリャに加入…昨季は北九州でプレー

ウクライナのゾリャ・ルハーンシクは12日、U-21日本代表MF浦田樹(22)の加入を発表した。契約期間は3年間となる。

浦田はジェフユナイテッド千葉の下部組織出身で、2015年1月にトップチームへと昇格。その後ブラジルのPSTCへとレンタル移籍していた。

2016年9月にはFC琉球へとレンタル移籍。2017年2月からはギラヴァンツ北九州へとレンタル移籍すると、2018年2月に完全移籍していた。

2018シーズンは明治安田生命J3リーグで26試合に出場し1ゴール1アシスト。通算ではJ3リーグで48試合に出場し1ゴール6アシストを記録し、千葉での出場機会はなかった。

また、U-18から世代別の日本代表を経験。2018年はU-21日本代表にも招集されており、東京オリンピック世代の1人として注目が集まる。

ゾリャは、ウクライナ・プレミアリーグに所属。2014-15シーズンには繰り上げながらヨーロッパリーグへと出場経験もある。

2018-19シーズンはヨーロッパリーグ予選にも出場したものの敗退。リーグ戦では、1試合を残して4位に位置。チャンピオンシップラウンドに回ることとなっている。チャンピオンシップラウンドでは、2019-20シーズンのヨーロッパの大会への出場権をかけて戦う。


関連記事

おすすめ情報

超ワールドサッカーの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索