右足首を捻挫のスアレスは10〜15日間の離脱…ウルグアイ代表も辞退

右足首を捻挫のスアレスは10〜15日間の離脱…ウルグアイ代表も辞退

バルセロナは18日、ウルグアイ代表FWルイス・スアレスが10日〜15日間の離脱になると発表した。

スアレスは、17日に行われたリーガエスパニョーラ第28節のレアル・ベティス戦で負傷。右足首を捻挫したと発表されていた。

18日に検査を行ったところ、見立て通り右足首の捻挫を確認。10〜15日間の離脱となり、ウルグアイ代表の招集も辞退することになると発表されている。

スアレスは、今シーズンのリーガエスパニョーラで27試合に出場し18ゴールを記録。これは29ゴールのリオネル・メッシに次いで、リーグ2番目の得点を記録している。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

超ワールドサッカーの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索