ベイルを語るウェールズ代表ギグス監督「プレッシャーを取り除きたい」

ベイルを語るウェールズ代表ギグス監督「プレッシャーを取り除きたい」

ウェールズ代表のライアン・ギグス監督が、エースであるFWガレス・ベイルについて語った。イギリス『Four Four Two』が報じた。

ウェールズは、20日にトリニダード・トバゴと国際親善試合を、23日にスロバキア代表とユーロ2020予選を戦う。

この試合でもエースとしての活躍が求められるベイルだが、今シーズンはケガなどにも苦しむ状況に。16日に行われたリーガエスパニョーラ第28節のセルタ戦では、1ゴールを記録すると、2019年に入って初めてフル出場を果たしている。

マドリーでは批判の対象となるなど、苦しい時期を過ごしているベイルだが、ギグス監督は能力を高く評価。今回もゴールを決めてくれると期待を示した一方で、プレッシャーから解放してあげたいとも語った。

「我々全員が、彼がどのような才能を持っているか知っているし、彼がプレーするのであれば、きっとゴールを決めるだろう」

「しかし、同時に彼からプレッシャーを取り除きたいとも思っている。もし彼がプレーできなければ、我々は1人の選手に頼っているのではないと証明できる」


関連記事

おすすめ情報

超ワールドサッカーの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索