バイエルン、大迫途中出場の10人ブレーメンに辛勝で首位キープ《ブンデスリーガ》

バイエルン、大迫途中出場の10人ブレーメンに辛勝で首位キープ《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第30節、バイエルンvsブレーメンが18日に行われ、1-0でバイエルンが辛勝した。ブレーメンのFW大迫勇也は73分から出場している。

前節デュッセルドルフ戦を4-1と快勝した首位バイエルン(勝ち点67)は、2位ドルトムントとの1ポイント差を維持した中、デュッセルドルフ戦でGKノイアーとフンメルスが負傷してしまった。そのバイエルンは4日後にもDFBポカール準決勝で対戦するブレーメンに対し、GKウルライヒとJ・ボアテングが前述の2選手の代役を務めた。

一方、大迫が先発復帰した前節フライブルク戦を2-1と勝利した7位ブレーメン(勝ち点46)は、ヨーロッパリーグ出場権争いに踏みとどまった中、大迫がベンチスタートとなった。

[4-2-3-1]を採用したバイエルンは最前線にレヴァンドフスキ、2列目に右からニャブリ、ミュラー、コマンと並べた。

そのバイエルンは8分、左CKからハビ・マルティネスがヘディングシュートでゴールに迫ると、続く21分にはミュラーがコントロールシュートでオンターゲットを記録。

そして26分には決定機が訪れる。チアゴの浮き球パスに抜け出したニャブリがボレーシュート。だが、枠の左隅を捉えたシュートはGKパブレンカのファインセーブに阻まれた。

その後もハーフコートゲームを続けたバイエルンだったが、前半のうちにゴールを奪えずに後半へ折り返した。

迎えた後半、ギアを上げたバイエルンがゴールに迫っていった中、ブレーメンは58分に退場者を出してしまう。ヴェリコビッチがジューレに対して競り合いの際にヒジを入れ、2枚目のイエローカードで退場となった。

しかし、ここから膠着状態に陥り、なかなかゴールに迫れない状況が続いた。そこで70分、ミュラーに代えてリベリを投入。

ブレーメンが73分に大迫を投入してきたのに対し、75分にバイエルンが均衡を破る。中央でパスを受けたジューレが右足を振り抜くと、DFに当たったミドルシュートがネットを揺らした。

その後もレヴァンドフスキのミドルシュートなどで追加点に迫ったバイエルンは、追加点こそ奪えなかったものの、ブレーメンに反撃の隙を見せずに逃げ切り。明日試合を行うドルトムントにプレッシャーをかけている。


関連記事

おすすめ情報

超ワールドサッカーの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索