プレミアリーグ、シティ&リバプールの熾烈優勝争い受けて最終節に2つのトロフィーを準備へ

プレミアリーグ、シティ&リバプールの熾烈優勝争い受けて最終節に2つのトロフィーを準備へ

プレミアリーグはマンチェスター・シティとリバプールによる熾烈な優勝争いを受けて、5月12日のプレミアリーグ最終節に向けて2つの優勝トロフィーと2チーム分の優勝メダルを準備することを検討しているようだ。『ESPN』が伝えている。

残り3節となった2018-19シーズンのプレミアリーグでは首位のシティ(勝ち点89)と、2位のリバプール(勝ち点88)の勝ち点差がわずかに1ポイントと、近年稀に見る熾烈な優勝争いを繰り広げている。

最終節までの対戦カードを見ると、シティが第36節で15位バーンリー(アウェイ)、第37節で10位レスター・シティ(ホーム)。リバプールが第36節で最下位ハダースフィールド(ホーム)、第37節で13位ニューカッスル(アウェイ)といずれも格下との対戦が組まれており、最終節までに決着が付く可能性は低い。

その中で問題となるのが、優勝トロフィーと優勝メダルを同日同時刻開催の最終節でどちらの会場に運ぶのかというところだ。

通常、同様のケースでは試合会場が近い距離の場合、優勝トロフィーを運ぶためのヘリコプターを待機させておき試合経過次第で優勝チームの会場に運ぶという対応が取られる。

だが、今回の最終節ではシティがブライトン&ホーヴ・アルビオンとのアウェイゲーム、リバプールがウォルバーハンプトンとのホームゲームとなっており、ブライトンとリバプールの距離は約270マイル(約500キロメートル)とヘリコプターを使って限られた時間での輸送は現実的ではない。

そこでプレミアリーグは2011-12シーズンに行われたシティとマンチェスター・ユナイテッドの優勝争いのときと同様に2つの優勝トロフィーと2チーム分の優勝メダルを準備することを検討しているようだ。

なお、シティが奇跡のプレミア初優勝を飾った同シーズンの最終節ではシティがQPRとホームゲーム、ユナイテッドがサンダーランドとアウェイゲームを戦っていた。

『ESPN』が伝えるところによれば、プレミアリーグは現時点で2つの同一トロフィーを保有しているという。そのうちの1つはロンドン本部、もう1つは昨季タイトルホルダーであるシティのクラブハウスのキャビネットに保管されている。そのため、新たにトロフィーを製造する必要はないとのことだ。


関連記事

おすすめ情報

超ワールドサッカーの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索