FIFA、ライオラに全世界での活動禁止処分! 大物顧客の去就に影響か

FIFA、ライオラに全世界での活動禁止処分! 大物顧客の去就に影響か

辣腕代理人として知られるミノ・ライオラ氏(51)に対して、代理人活動の完全停止処分が下った。イギリス『BBC』が報じた。

大物代理人として名を馳せるミノ・ライオラ氏は8日、何らかの不正行為により、イタリアサッカー連盟(FIGC)から同国内における3カ月の代理人活動停止処分。従兄弟で同じく代理人を務めるヴィンチェンツォ・ライオラ氏も2カ月の処分が科され、すぐさま法的措置を取る意向を示した。

そうしたなか、国際サッカー連盟(FIFA)も10日、ミノ・ライオラ氏に対する制裁として、FIGCと同じく3カ月間の代理人資格停止処分を発表。しかも、同期間中に限り、全世界でのいかなる代理人活動をも禁ずるという、イタリア国内限定のFIGCより重い内容だ。

これにより、フランス代表MFポール・ポグバ(マンチェスター・ユナイテッド)や、イタリア代表FWマリオ・バロテッリ(マルセイユ)、オランダ代表DFマタイス・デ・リフト(アヤックス)ら錚々たる顧客を持つミノ・ライオラ氏は、今夏の大半でビジネスを行えなくことができなくなった。


関連記事

おすすめ情報

超ワールドサッカーの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索