ロドリ⇔ジェズスのトレードの可能性が浮上?

ロドリ⇔ジェズスのトレードの可能性が浮上?

マンチェスター・シティが、アトレティコ・マドリーに所属するスペイン代表MFロドリゴ・エルナンデス(22)の獲得に向けてブラジル代表FWの譲渡を取引の一部に加える可能性があるようだ。スペイン『アス』が伝えている。

“ロドリ”ことロドリゴ・エルナンデスは昨夏、ビジャレアルからアトレティコに加入。バルセロナのスペイン代表MFセルヒオ・ブスケッツの後継者としての呼び声高い守備的MFには、シティが獲得を希望しており、4月下旬に交渉が開始されたことが伝えられていた。

先日にはシティが、契約解除金7000万ユーロ(約85億7000万円)と共に正式オファーを提示する準備が整い、5年、もしくは6年の長期契約を提示することが伝えられていた。しかし、今回伝えられるところによると、金銭+ブラジル代表FWガブリエウ・ジェズス(22)の譲渡という形で取引が進展する可能性があるようだ。

ジェズスは2017年1月にパルメイラスからシティに加入。彗星の如く現れ、昨シーズンはプレミアリーグで13ゴールを記録した。今シーズンは公式戦でこそ21ゴールを決めているが、プレミアリーグでは7ゴールと減少。先発回数も減少し、アルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロの牙城を崩すことができなかった。

アトレティコは来シーズン、メンバーの大幅入れ替えが濃厚となっている。その中で、これまでエースを務めてきたフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン(28)の退団が決定しており、新エースを求める同クラブにとって、悪くない話ではありそうだが、果たして…。


関連記事

おすすめ情報

超ワールドサッカーの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索