2022年カタールW杯はこれまで通り32カ国出場に、48カ国出場案を却下

2022年カタールW杯はこれまで通り32カ国出場に、48カ国出場案を却下

FIFA(国際サッカー連盟)は22日、2022年カタール・ワールドカップ(W杯)での48カ国出場案を却下したことを発表した。

アメリカ、カナダ、メキシコによる3カ国で開催される2026年W杯では、48カ国の出場枠が決まっている中、FIFAは前倒しで2022年W杯から48カ国の出場が可能かどうかを議論してきた。

しかしFIFAは「政治的、物流的な理由もあってカタール大会では参加国を48チームに拡大させることは難しい」と声明を発表し、現行通り32チームでの開催を決めた。

48チームで開催される場合、近隣諸国との共催が必須となる状況だったが、カタールはサウジアラビアなど複数の国と断交しており、政治的な問題から難しいとされていた。


関連記事

おすすめ情報

超ワールドサッカーの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索