ベッカム氏、“7番”後輩をインテル・マイアミに誘う?

ベッカム氏、“7番”後輩をインテル・マイアミに誘う?

デイビッド・ベッカム氏が共同オーナーを務めるインテル・マイアミが、マンチェスター・ユナイテッドを退団したエクアドル代表MFアントニオ・バレンシア(33)の獲得に関心を示しているようだ。イギリス『サン』が伝えている。

昨年、ベッカム氏やソフトバンクの孫正義氏らが中心となって創設されたインテル・マイアミ。メジャーリーグ・サッカー(MLS)の25番目のクラブとして、2020年のリーグ参加が予定されている。

記念すべき初の公式戦まで1年を切る中で、クラブは大物プレーヤーの加入を目指しているようだが、ベッカム氏はフリーで獲得可能なユナイテッドの「7番」の後輩を目玉補強ではなく、チームを勝たせるリーダー役として獲得したい考えのようだ。

2009年にウィガンからユナイテッドに加入以降、公式戦339試合に出場し25ゴール62アシストの数字を残しているバレンシアに関してはプレミアリーグ残留希望が伝えられているが、その一方で偉大なレッドデビルズの「7番」の先輩からの魅力的な誘いに応える可能性もありそうだ。


関連記事

おすすめ情報

超ワールドサッカーの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索