ハノーファー、ヴォルフスブルクと契約満了の元ドイツ代表DFユングを獲得

ハノーファー、ヴォルフスブルクと契約満了の元ドイツ代表DFユングを獲得

ブンデス2部に降格ハノーファーは25日、今季限りでヴォルフスブルクと契約満了を迎える元ドイツ代表DFセバスティアン・ユング(29)を獲得した。契約期間は2020年6月30日までの1年間となる。

ユングは、今回の移籍についてハノーファーの公式サイトで以下のように語った。

「今回のハノーファーへの移籍は、僕にとっては新たな始まりを意味するものでもあるんだ。またプロの舞台で自分の力を証明したい。新たな船出となるこのクラブと思惑が一致したんだ」

右サイドバックを主戦場とするユングは、2008年にフランクフルトのトップチームデビュー。2014年にヴォルフスブルクへ移籍すると、これまでブンデスリーガでは通算155試合に出場。しかし、今季はケガに悩まされリーグ戦1試合の出場にとどまっていた。

またドイツ代表では、2014年5月に行われたポーランド代表との国際親善試合で代表デビューを飾ったが、それ以降は招集されていない。


関連記事

おすすめ情報

超ワールドサッカーの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索