大連一方がベネズエラ代表FWロンドン獲得! ベニテス監督と再タッグ!

大連一方がベネズエラ代表FWロンドン獲得! ベニテス監督と再タッグ!

中国スーパーリーグの大連一方は19日、WBAからベネズエラ代表FWホセ・サロモン・ロンドン(29)を完全移籍で獲得したことを発表した。同クラブが公式『インスタグラム(dalianyifangfc)』で同選手の加入を伝えた。

なお、イギリス『スカイ・スポーツ』は、大連一方が1650万ポンド(約22億2000万円)に設定されていた契約解除金を満額支払ったと伝えている。

ロンドンに関しては、これまで昨季レンタル先のニューカッスル、ウェストハム、ウォルバーハンプトンなどプレミア勢からの関心が伝えられてきた。だが、ニューカッスルを退団し、今月2日に大連一方の新指揮官に就任したラファエル・ベニテス監督のリクエストを受けて、大連一方が獲得レースを制した。

母国ベネズエラのアラグアでキャリアをスタートしたロンドンは、ラス・パルマス、マラガ、ルビン・カザン、ゼニトを渡り歩き2015年にWBAに完全移籍した。昨季はWBAの降格に伴い、1年間のレンタル移籍でニューカッスルに加入すると、屈強なフィジカルを武器に攻め手に乏しいニューカッスルの中でリーグ戦32試合で11ゴール7アシストの活躍をみせ、チームの残留に大きく貢献した。

なお、大連一方にはベルギー代表MFヤニク・フェレイラ=カラスコとスロバキア代表MFマレク・ハムシクがすでに在籍しており、ロンドンの加入によって、アジア屈指のアタッキングユニットが誕生することになった。


関連記事

おすすめ情報

超ワールドサッカーの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索