ペリシッチ、コンテ下で居場所なしか…「ポジティブな反応ない」

ペリシッチ、コンテ下で居場所なしか…「ポジティブな反応ない」

新シーズンからインテルの指揮を執るアントニオ・コンテ監督がクロアチア代表MFイバン・ペリシッチに言及した。スペイン『マルカ』が報じた。

シンガポールでプレシーズンを過ごしているインテル。20日に行われたインターナショナル・チャンピオンシップ(ICC)2019でマンチェスター・ユナイテッドと対戦(0-1でインテルが敗戦)。ベンチスタートのペリシッチは、後半頭からピッチに入り、コンテ監督が用いる[3-5-2]の布陣下で2トップの一角としてプレーした。

コンテ監督は試合後、そのペリシッチについてコメント。自身が採用するシステムに適合できずにいるとした上で、ストライカー起用しかできない現状を明かしたという。

「彼と一緒に仕事をしているが、彼からポジティブな反応がない。ペリシッチは私が望む役割を果たせていない。だから、現時点でストライカーとしてしか使えない」

ペリシッチは本来、サイドアタッカー。コンテ監督のシステムにそのポジションはなく、サイドでプレーするとなれば、ウィングバックしかない。インテルで新シーズンを迎えるとなれば、不慣れなポジションへの適合が求められそうだ。


関連記事

おすすめ情報

超ワールドサッカーの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索