久保建英がレアルデビュー! 「とても嬉しい」

久保建英がレアルデビュー! 「とても嬉しい」

レアル・マドリーに所属する日本代表MF久保建英がデビュー後、コメントした。スペイン『マルカ』が報じた。

今夏、古巣バルセロナへの復帰が取り沙汰されながら最終的にレアル・マドリー移籍を果たした久保。新シーズンをカスティージャで過ごす見通しだが、現在はトップチームの一員として北米ツアーに帯同しており、有力プレーヤーたちとのトレーニングに日々励んでいる。

その久保は、日本時間21日に行われたインターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)2019のバイエルン戦でベンチメンバー入り。後半の頭からピッチに入ると、持ち前の軽やかな身のこなしでの密集地帯攻略や、クロス、スルーパスで一定の存在感を示した。

現地スペインメディアでも高評価を得た久保は試合後、「負けてしまったけど、負けは嫌いだけど、レアル・マドリーでデビューできて、とても嬉しいです。僕の考えはチームをできるだけ助けることです」とコメント。レアル・マドリーでの第一歩に率直な思いを口にした。

ジネディーヌ・ジダン監督から「プレスをかけることや、ワンタッチ、ツータッチでの素早いプレー」を指示されたという久保は、「どのエリアで起用されても大丈夫です」とも述べ、今回の左インサイドハーフ以外での出場でも問題なくプレーできる自信をのぞかせた。

また、母国日本でもレアル・マドリーでの日々が取り上げられ続ける現状について「自分の国で何が起こっているのかは把握しています。多くの注目が集まっていますけど、そういう状況があまり好きじゃないですし、ピッチ上でのことだけを考えています」と話したという。

最後に、去就が騒がれる同僚のウェールズ代表MFガレス・ベイルについての質問が及ぶと、「僕には何が起こっているのかわかりませんし、意見する立場にないです。ただ、ベイルが素晴らしい選手であることは知っています」と口にするにとどめ、尊敬の念を示した。


関連記事

おすすめ情報

超ワールドサッカーの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索