最下位・磐田、鈴木秀人監督が退任…リーグ戦5試合でわずか1勝と立て直せず

最下位・磐田、鈴木秀人監督が退任…リーグ戦5試合でわずか1勝と立て直せず

ジュビロ磐田は15日、鈴木秀人監督(44)の退任を発表した。後任は未定となっている。

クラブの発表によると、鈴木監督とクラブが話し合いを持ち、契約解除で合意に達したとのこと。当面は、小林稔ヘッドコーチが、暫定的に監督業務を行うとのことだ。

鈴木監督は、1993年に前身のヤマハ発動機へ入団。ジュビロ磐田で現役時代を過ごし、2009年に引退していた。

2010年から磐田U-15でコーチを務め、指導者としての道を歩むと、U-18コーチ、U-18監督を歴任。2014年にトップチームのコーチへと就任した。

名波浩前監督とともにトップチームを指導してきたが、成績不振を理由に6月30日に退任。翌7月1日に監督に就任していた。

しかし、就任後に明治安田生命J1リーグを5試合戦ったものの1勝4敗と結果は上向かず、チームは最下位のまま。立て直すことができずに退任となった。


関連記事

おすすめ情報

超ワールドサッカーの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索