【J1ピックアッププレビュー】肉迫か、突き放すか…覇権争いの天王山! 《鹿島vsFC東京》

【J1ピックアッププレビュー】肉迫か、突き放すか…覇権争いの天王山! 《鹿島vsFC東京》

14日、明治安田生命J1リーグ第26節、鹿島アントラーズvsFC東京が県立カシマサッカースタジアムで行われる。

今シーズンの覇権争いの行方を左右すると言っても過言ではない一戦。2位の鹿島と首位のFC東京の首位攻防戦は、勝ち点差「4」の中行われる。

◆着実に定位置へ戻った常勝軍団〜鹿島アントラーズ〜
現在の勝ち点は48。開幕戦で昇格組の大分トリニータに敗れるという波乱の幕開けとなったが、シーズンが進むごとに持ち前の勝負強さを見せつけ、気がつけば2位に位置。FC東京に肉迫するポジションまでたどり着いた。

今シーズンはリーグの他にも、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)では準々決勝まで駒を進め、YBCルヴァンカップではベスト4入りが決定。天皇杯でもベスト16に残っており、4冠の可能性が唯一あるチームと言っていい。

そんな中でも、至上命令とも言えるのがリーグタイトル。一昨シーズンは最終節でそのタイトルを逃しており、昨季もACLこそ初制覇したがリーグは満足いかない結果に終わっていた。

着実に勝ち点を積み上げる現在の鹿島は、安定感が抜群。残り9試合で一気に頂点に上り詰めるためにも、この一戦は落とすわけにはいかない。

◆死のロードで迎える大一番〜FC東京〜

対するFC東京は、ラグビー・ワールドカップの影響もありホームスタジアムの味の素スタジアムが使えない状況。タイトル争いに向けた大事な時期に、アウェイ8連戦という厳しい状況に立たされている。

しかし、アウェイ連戦の2試合は1勝1分け。まずまずの滑り出しとなったなか、インターナショナルマッチウィークの中断期間を経てリーグ戦が再開。ただ、中断期間中に行われたYBCルヴァンカップではガンバ大阪と対戦し敗退が決定。リーグタイトルに力を注ぐ状況は整っている。

リーグ2番目の失点の少なさを誇る堅守は健在。アウェイゲーム、さらには勝ち点差「4」で追いかけてくる鹿島との一戦は、勝利を目指しながらも、着実に勝ち点を取りに行く可能性はある。

代表活動で2試合を経験したMF橋本拳人、パラグアイ代表戦では後半から出場したFW永井謙佑のコンディションも気になるところだが、雌雄を決する大事な試合へのテンションは高いはずだ。

優勝争いのライバルとの直接対決をどの様に戦うのか。長谷川健太監督が用意するプランにも注目だ。

【予想スタメン&フォーメーション】
◆鹿島アントラーズ[4-4-1-1]

©️CWS Brains, LTD.

GK:クォン・スンテ
DF:小泉慶、ブエノ、犬飼智也、小池裕太
MF:セルジーニョ、三竿健斗、レオ・シルバ、白崎凌兵
FW:伊藤翔、土居聖真
監督:大岩剛
出場停止:なし

鹿島は[4-4-2]とも言える[4-4-1-1]のシステムを採用。万全の体制で大一番を迎えることになるだろう。セルジーニョを右サイドに配置することで、より攻撃の厚みを増すことに成功している鹿島は、引き続きその並びに。土居聖真をシャドーに、伊藤翔をトップに置いて、現状のベストメンバーで首位を迎え撃つ。

◆FC東京[4-4-2]
©️CWS Brains, LTD.

GK:林彰洋
DF:室屋成、渡辺剛、森重真人、オ・ジェソク
MF:大森晃太郎、橋本拳人、高萩洋次郎、東慶悟
FW:ディエゴ・オリヴェイラ、永井謙佑
監督:長谷川健太
出場停止:なし

対するFC東京は、前節と同じ11名を起用すると予想。中断期間中のカップ戦敗退により、J1のタイトルへの想いは一層強くなったはずだ。代表帰りの橋本拳人、永井謙佑ともに先発すると予想。代表での経験をチームに持ち帰り、優勝への力添えができるかに注目だ。

【注目選手】
◆MF土居聖真(鹿島アントラーズ)
©︎J.LEAGUE

鹿島の注目選手は、シャドーの位置に入るMF土居聖真だ。鹿島の攻撃のタクトを振るのは土居。前線の潤滑油として機能したかと思えば、チャンスと見れば自らゴールを奪い切る力もある。ホームで首位を叩き、一気に勢いに乗って逆転となるか。大一番でも普段通りの力を発揮してくれるだろう。

◆FW永井謙佑(FC東京)
©︎J.LEAGUE

一方のFC東京の注目選手は、代表帰りの快速ストライカーFW永井謙佑だ。パラグアイ戦では後半途中から、ミャンマー戦は不出場となった。アウェイへの移動疲れは多少あるだろうが、試合出場はしていないため、不完全燃焼の想いをこの大一番にぶつけるだろう。

◆勝利への執念は

同じシステム、同じスタイル、同じ強みを持った首位攻防戦。追いかける鹿島のホームゲームでもあり、インテンシティの高いゲームになるだろう。

互いにショートカウンターを得意とし、フィニッシャーも居る。サイドアタッカーのゲームメイクもある状況と考えると、激しくも好ゲームになるイメージが湧いてくる。

ハイレベルの選手同士の対戦となれば、最後に勝敗を分けるのは「メンタル」だろう。勝利へどちらの気持ちが強いのか。追いかける鹿島か、追われるFC東京か。

前回対戦はFC東京がホームで3-1と快勝して居る。鹿島としては、ここで見返して肉迫したいところだろう。覇権争いの“シックスポインター”は、14日の19時00分にキックオフを迎える。


関連記事

おすすめ情報

超ワールドサッカーの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索