メルテンスがドッピエッタのナポリ、サンプに快勝でCLリバプール戦に弾み!《セリエA》

メルテンスがドッピエッタのナポリ、サンプに快勝でCLリバプール戦に弾み!《セリエA》

ナポリは14日、セリエA第3節でサンプドリアをホームに迎え、2-0で快勝した。

代表ウィーク前の前節ユベントスとのビッグマッチでは3点のビハインドを一時追いつく意地を見せたものの、痛恨のオウンゴールで結局黒星となってしまった。1勝1敗スタートとなったナポリは3日後にリバプールとのチャンピオンズリーグを控える中、インシーニェやアランをベンチスタートとし、ユベントス戦で流れを変える働きを見せた新戦力のロサーノが初先発となった。

連敗スタートとなったディ・フランチェスコ監督率いるサンプドリアに対し、フラットな[4-4-2]で臨んだナポリは2トップにロサーノとメルテンス、右にカジェホン、左にジエリンスキ、中盤センターにファビアン・ルイスと新戦力のエルマスを並べた。

立ち上がりからボールを握ったナポリは5分、ファビアン・ルイスのミドルシュートで牽制。9分にCKの流れでルーズボールをフェラーリにプッシュされるピンチを迎えたが、GKメレトが左手一本の好セーブで凌いだ。

すると13分、ナポリが先制する。右サイドを上がったディ・ロレンツォのグラウンダークロスをメルテンスがダイレクトで合わせてネットを揺らした。

そして16分には追加点のチャンス。スルーパスでボックス左に抜け出したエルマスがシュート。だが、わずかに枠の右に外れた。さらに直後、ロサーノのミドルシュートで攻勢に出たナポリは18分にメルテンスのシュートがバーを直撃。

直後、カウンターを受けてリゴーニにGKとの一対一の局面を作られるも、メレトが止めてリードを保った。前半半ば以降はナポリが試合をコントロール。膠着状態に持ち込み、前半を1点のリードで終えた。

後半もボールを持つ展開としたナポリが主導権を握る中、65分にロサーノに代えてナポリデビューとなるジョレンテを投入。すると67分、そのジョレンテがアシストを記録する。ボックス左でボールをキープしたジョレンテが丁寧に中へ落とし、メルテンスがダイレクトでゴール右にシュートを流し込んだ。

追加点を奪ったナポリは76分、エルマスに代えてインシーニェを投入。終盤にかけてもサンプドリアに反撃のチャンスを許さず快勝。今季2勝目を挙げ、リバプール戦に弾みを付けている。


関連記事

おすすめ情報

超ワールドサッカーの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索