アーセナル2点先行も監督交代のワトフォードの猛攻凌げず…D・ルイス痛恨のPK献上でドロー《プレミアリーグ》

アーセナル2点先行も監督交代のワトフォードの猛攻凌げず…D・ルイス痛恨のPK献上でドロー《プレミアリーグ》

アーセナルは15日、プレミアリーグ第5節でワトフォードとアウェイで対戦し、2-2で引き分けた。

ここまで2勝1分け1敗のアーセナル。前節のトッテナムとのノースロンドン・ダービーは2点を先行される苦しい展開となったものの、その後見事に息を吹き返したチームはラカゼットとオーバメヤンの両エースがゴールを決めて同点に持ち込んだ。

3試合ぶりの勝利を目指す今節は、左足首にケガを負ったラカゼットとジャカに代わって、エジルとセバージョスをスタメンに起用。エジルは今季初先発となった。

序盤は先日に監督交代に踏み切ったワトフォードが攻勢に出る。6分にデウロフェウのシュートでGKレノのセーブを強いると、11分にはクレバリーがボックスの外から強烈なシュートでレノを強襲。13分にはデウロフェウの仕掛けから最後はホレバスがシュートを放つなど、リズムよく攻撃の形を作る。

しかし、先制したのはアーセナルだった。21分、左サイドのハーフウェイライン付近でボールを奪い、コラシナツがビルドアップ。最後はボックス中央でパスを受けたオーバメヤンがネットを揺らした。

さらに32分には、右のハーフスペースのエジルからボックス右に走り込むナイルズにスルーパス。これで最終ラインを突破したナイルズのお膳立てからオーバメヤンが追加点を奪い、アーセナルがリードを2点に広げた。

しかし、まさかのミスで1点を返されてしまう。試合を折り返した54分、ゴールキックのシーンでGKレノはペナルティエリア内のパパスタソプーロスにパス。パパスタソプーロスは前に繋ごうとしたが、それをデウロフェウに引っ掛けられ、こぼれ球をクレバリーに押し込まれた。

繋ぐ意識が強すぎるがゆえに起こってしまったミス。ワトフォードはここから息を吹き返し、次々とゴールに迫っていく。65分には、ボックス左のデウロフェウがDFの股を抜くパスでゴール前のサールに通す。グレイと代わって入ったサールはワンタッチからシュートに繋げたが、上手くミートできず右に外れた。

アーセナルは60分を過ぎてからセバージョス、グエンドウジ、エジルを下げてウィロック、トレイラ、ネルソンを投入。エジルには少なからず観客から拍手が送られた。

それでもワトフォードが主導権を握る時間帯が続き迎えた81分、自陣からカウンターを発動したワトフォードは途中出場のR・ペレイラがドリブルで持ち上がりボックスで仕掛けると、ダビド・ルイスのファウルを誘いPKを獲得。これを自ら決めて同点に追いついた。

その後は終盤にかけてワトフォードのカウンターが猛威を振るう。後半アディショナルタイムには、ドゥクレが右サイドからのグラウンダーのクロスに詰めたが、GKの正面に。

結局試合は2-2の引き分けに。アーセナルは2点を先行するも、後半は負けてもおかしくない内容となってしまった。一方、ワトフォードはキケ・フローレス新監督初陣でポジティブな結果を得た。


関連記事

おすすめ情報

超ワールドサッカーの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索