ムヒタリアンの移籍後初ゴールなどで、ローマがサッスオーロに大勝し今季初白星《セリエA》

ムヒタリアンの移籍後初ゴールなどで、ローマがサッスオーロに大勝し今季初白星《セリエA》

ローマは15日、セリエA第3節でサッスオーロをホームに迎え、4-2で勝利した。

ここまでジェノアとラツィオと対戦し、いずれもドローに終わっているローマ。フォンセカ新監督の下、初勝利を目指す今節はムヒタリアンが初出場初先発を果たした。

開始2分、ボックス右に侵攻したクライファートがペルーゾに倒されローマがPKを獲得。しかし、コラロフがボールをセットしたところで主審はVARでの確認の末、ノーファウルにジャッジを切り替え、ローマのPKは取り消しになった。

それでも攻勢を続けるローマは13分、ジェコのシュートで右CKを得ると、ペッレグリーニのクロスをクリスタンテが頭で押し込んで先制。

さらにその6分後、左サイドのコラロフのクロスをジェコが合わせてゴール。早くも2点目を挙げる。

止まらないローマは今度は22分、ペッレグリーニのパスからムヒタリアンがゴール。ローマ初出場を自身のゴールで飾った。

33分には自陣右サイドの深い位置でボールを奪ったムヒタリアンが味方とのワンツーで縦に突破。一度相手に引っかかってしまうものの、こぼれ球を再び繋ぎなおして、センターサークル付近のペッレグリーニがフリーランで最終ラインを抜け出すクライファートにスルーパス。クライファートはそのままGKとの一対一を制して、ローマに4点目をもたらした。

このまま余裕かに思われたローマだが難しい展開を強いられる。53分、ペッレグリーニが与えたFKをベラルディに直接決められ1点を返される。

そこからやや元気を取り戻したサッスオーロは72分、オビアンが味方とのワンツーでボックス左に侵入しゴール前に折り返すと、カプートがこれをスルー。ベラルディが流し込んで2点差とした。

だがサッスオーロの反撃はここまで。前半に4点を奪ったローマが、今季初勝利を手にした。


関連記事

おすすめ情報

超ワールドサッカーの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索