PKによるピョンテクの今季初弾でミランがヴェローナ下し2連勝!《セリエA》

PKによるピョンテクの今季初弾でミランがヴェローナ下し2連勝!《セリエA》

ミランは15日、セリエA第3節でヴェローナとアウェイで対戦し、1-0で勝利した。

ウディネーゼに敗れ、開幕黒星スタートを切ったミラン。前節にチャルハノールの一発で昇格組のブレシアに辛勝したが、ジャンパオロ新監督の下、まだまだという印象だ。そのブレシア戦から今節はスタメンを3人入れ替え連勝を目指す。

互いにインテンシティを高く持って入った試合は、中盤での潰し合いが激しくなかなかゴール前に運ぶチャンスを作り出せない。

そんな中20分あたりに、イーブンな球際に頭で飛び込んだムサッキオと、足でボールを収めようとしたステピンスキが交錯。ステピンスキが上げた足がムサッキオの顔面に入り、一発退場となった。

この数的有利を生かしたいミランだが、28分に右サイドバックからのロングフィードを上手く収めたヴェッレにシュートに持ち込まれてしまう。

ボールは持てているものの、攻撃にアイデアを欠くミランの攻撃はヴェローナ守備陣に全く効いていない模様。そこでミランは後半頭にパケタを下げて新加入のレビッチを投入。これがミランデビュー戦となる。

すると56分、そのレビッチが左サイドからクロスに飛び込んだが、ゴール前で空振りしてしまう。その直後にはカラブリアのシュートがポストに嫌われ、2度の好機をものにできなかった。

だが、ツイてないのはヴェローナも同じ。60分に、左サイドから上がった山なりのクロスをヴェッレが捉えたが、こちらもポスト直撃でゴールならず。ここまで無得点が続く。

そんなアンニュイな試合が68分に動く。ミランのチャルハノールが放ったシュートが相手の手に当たりPKが与えられる。これをピョンテクが決めてミランが先制した。

今季初ゴールが決まったピョンテクはさらに、83分にチャルハノールが放ったシュートのこぼれ球を押し込んで2点目…科に思われたが、VARでGKとの接触が認められ、ゴールは取り消しになった。

それでもミランがリードを保ったまま試合は後半アディショナルタイムへ。ここでヴェローナのペッシーナがゴールに迫った際にカラブリアが倒してしまいゴール正面でFKを献上。このプレーでカラブリアは一発退場。ミランは最後の最後にピンチに。

しかし、ヴェローゾが放ったFKは壁に激突。こぼれ球を狙ったラゾビッチのシュートも枠を外れたところで試合終了。ミランが1-0で勝利し、リーグ戦2連勝を収めた。


関連記事

おすすめ情報

超ワールドサッカーの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索