2点差を追いつかれたアーセナル、狙われたゴールキックに指揮官が言及

2点差を追いつかれたアーセナル、狙われたゴールキックに指揮官が言及

アーセナルのウナイ・エメリ監督が、15日に行われたワトフォード戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。

アーセナルは15日、プレミアリーグ第5節でワトフォードとのアウェイ戦に臨んだ。

最下位に位置するワトフォードは、インターナショナルマッチウィーク中に監督交代を行い、キケ・サンチェス・フローレス監督を再招へい。新体制での初陣となった。

試合はアーセナルが、FWピエール=エメリク・オーバメヤンの2ゴールで前半を終えて2点のリードを得ると、そのまま逃げ切るかと思われたが、後半に入りゴールキックのミスから失点すると、ダビド・ルイスがPKを献上し、2-2の同点で試合を終えた。

後半はワトフォードに完全に主導権を握られたアーセナル。試合後、エメリ監督が記者会見に臨み、本来のスタイルが全く出せなかった後半についてフラストレーションをあらわにするとともに、ワトフォードに狙われたゴールキックについても語った。

「2-2となり、フラストレーションは溜まっている。通常であれば、後半でその結果をコントロールすることができる。でも、そうではなかった」

「我々はドレッシングルームで、後半はより難しくなると話していた。なぜなら、彼らが我々を押し組むために通常のやり方を変えていたからだ」

「ただ、我々のゲームプランは、最初と同時だった。彼らが決めた事をする場合、彼らのプレスを壊す事。そのプレスを破れば、ミッドフィルダー、そしてその先の我々のチームの選手へと繋ぐことができる。そのゲームプランを続けるスペースがあった」

「でも、後半はそれができず、本当にイライラした。我々はゲームをコントロールできず、彼らのプレスを破ることができなかった」

「第一に、彼らが良いチームということ。彼らは昨シーズンここで、そのスピリットでプレーした。その能力に加え、彼らはフィジカル的に強い。彼らには良い選手がいて、後半はそれを示した。その結果に値したと思う」

「我々は想定していた以上に苦労し、ボックスに入って得点するには、冷静さが必要であると話していた。それは望んでいたよりも少なかった」

「要約すると、我々は働く必要があり、改善する必要があるということだ」

また、1失点目のミスに繋がり、失点シーン以外でも危ういシーンが見られたゴールキックについて問われたエメリ監督は、狙いがあるものの改善しなければいけないとコメントした。

「(ゴールキックを再考する必要は?) はい。ただ、彼らのゴールの後、もう一度挑戦し、彼らのラインを壊し、アタッキングサードのスペースに入った」

「我々はそこで生まれた良いチャンスを決めきれなかったが、繰り返す必要があり、その能力も必要だ。ワトフォードがそうしていたように、今日のように我々にプレッシャーをかけようとするならば、破れるように改善していく」


関連記事

おすすめ情報

超ワールドサッカーの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索