新10番ウィリアン、今季に集中も契約延長希望「チェルシーのためにプレーするのは気持ちが良いもの」

新10番ウィリアン、今季に集中も契約延長希望「チェルシーのためにプレーするのは気持ちが良いもの」

ブラジル代表MFウィリアン(31)が、チェルシーとの契約延長を望んでいる。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。

2013年夏にアンジ・マハチカラからチェルシーに加入したウィリアン。これまで公式戦296試合52ゴール53アシストを記録し、2度のプレミアリーグ制覇や、ヨーロッパリーグ(EL)優勝など、数々のトロフィー獲得に貢献してきた。

そんなウィリアンは長らくバルセロナのターゲットとして関心が伝えられ、今夏も去就に注目が集まった。だが、最終的に実現することはなく残留。迎えた今シーズンは新たに10番を背負い、ここまでプレミアリーグで4試合に出場している。

ウィリアンとチェルシーの契約は今シーズン終了時まで。そうしたなか、去就について問われた同選手は、以下のようにコメントした。

「僕としては、このクラブに留まりたいと思っている。もう1年しか契約が残っていないことも分かっている。ただ、チェルシーのためにプレーするのはすごく気持ちが良いものなんだ」

「チェルシーでプレーすることが好きだ。クラブで働くすべての人々、ファンに愛情を持っている。おそらくこの話はシーズンが終わった時になるだろうね。今はそれについて考えるべきじゃないよ」

「今シーズンはただただフットボールをプレーし、このチームを助けたい」


関連記事

おすすめ情報

超ワールドサッカーの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索