伊ジャーナリスト、ルカクへの人種差別発言で番組降板

伊ジャーナリスト、ルカクへの人種差別発言で番組降板

人種差別問題が様々なところで問題となっているが、評論家までもが行ってしまった。イタリア『スカイ・スポーツ』が報じた。

今回問題となったのは、イタリアの番組『TOP Calcio 24』でジャーナリストのルチアーノ・パッシラーニ氏のコメントだ。

パッシラーニ氏は、今夏マンチェスター・ユナイテッドからインテルへと加入したベルギー代表FWロメル・ルカクのパフォーマンスについてコメントを求められ、その発言が人種差別的だった。

「彼を止めるには、食べるための10個のバナナを投げなければならない」

この発言を受け、番組ディレクターのファビオ・ラヴェッツァーニ氏は、二度とパッシラーニ氏が番組に出場しないことを発表した。

ルカクは、今季加入後のセリエAで3試合に出場し2ゴールを記録していた。


関連記事

おすすめ情報

超ワールドサッカーの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索