【インタビュー】いよいよCL開幕!柱谷幸一氏がポイント、戦い方、注目選手を語る

【インタビュー】いよいよCL開幕!柱谷幸一氏がポイント、戦い方、注目選手を語る

2019-20シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)が、17日に開幕を迎える。

昨シーズンはリバプールとトッテナムがファイナリストとなり、プレミアリーグ勢が席巻したCL。派遣奪還を目指すバルセロナやレアル・マドリーなどのスペイン勢、悲願の優勝を目指すパリ・サンジェルマンやユベントス、バイエルンなど強豪クラブが鎬を削る。

また、日本代表DF長友佑都(ガラタサライ)、日本代表MF南野拓実(ザルツブルク)、MF奥川雅也(ザルツブルク)、日本代表MF伊東純也(ヘンク)と4選手が世界最高峰の戦いに挑む。

そんな開幕を前に、超ワールドサッカーは『DAZN』でチャンピオンズリーグやプレミアリーグなどで解説を担当する柱谷幸一氏にインタビュー。今シーズンの見所や注目チーム、注目選手について伺った。

取材・文・写真:菅野剛史

◆「戦術的にも見るべきところがたくさん」

──2019-20シーズンのCLのグループ分けについての感想は

(C)CWS Brains,LTD.

「厳しいグループもあると思いますし、ある程度トップ抜けが予想できるグループもあります。ただ言えるのは、チャンピオンズリーグなので、強いチームが当然集まっていますし、サッカーの戦術的にも見るべきところがたくさんあるので、非常に楽しみです」

──昨シーズンはイングランド勢が決勝まで進み、ヨーロッパサッカーのトレンドなどにも影響を与えるCLですが、注目ポイントはありますか

「国内リーグの全体のレベルが高い国でやっているチームというのが、当然毎週毎週厳しい戦いをしているので、それを繰り返していくとチャンピオンズリーグではより高いレベルでプレーできると思います」

「イングランドのプレミアリーグは、非常にレベルの高いリーグじゃないかなと思います」

──日頃、切磋琢磨できているリーグ内格差が少ない方が大舞台でも力を出せるという事ですね

「それはありますし、例えばトップ6とかトップ5のレベルが高いところ。2チームだけというリーグだと、下位チームとやる時にかなり点差が開いたり、楽なゲームができると思います」

「トップ・トップのチームの数が多ければ多いほど、そことの対戦も増えて来ます。そうなるとチャンピオンズリーグで同じぐらいのレベルのチームとやれる事になるので、当然そこの慣れみたいなものはあると思いますし、チーム全体の力も国内リーグを戦う事で上がっていくというのはあると思います」

◆「日本サッカーにとって大きなこと」

──リバプールは昨シーズンと同じナポリ、そして日本人選手が所属するザルツブルク、ヘンクと同じグループとなりました。厳しいグループに日本人選手は入りましたが、期待することは
Getty Images

「まず、我々指導者にとっては、日本人選手が非常に高いレベルの中で、どういったプレーをするのか。何が通用して、何が足りないのかを見られる大きなチャンスだと思います。それを現場の指導に生かすことができます」

「彼らと日本でチームメイトとして一緒にプレーした選手や、対戦した日本人のJリーグの選手たちが、彼らがどういったプレーをするかによって、自分たちが世界的にどういった立ち位置に居るのかを、見られるチャンスだと思います」

「そして一番大きいのは、日本の子供たちだと思います。子供たちが大きな夢と目標を持つことができるので、彼ら日本人選手がこのチャンピオンズリーグでプレーできるというのは、日本サッカーにとって非常に大きなことだと思います」

「もちろん、日本人対決というのも注目されますけど、リバプールやナポリとやったときに、彼らがどれだけプレーできるのかはすごく楽しみです」

──ビッグクラブ、スター選手たちと肩を並べて日本人選手がプレーする影響力はやはり大きいですね

「それは大きいですね。私たちもJリーグが始まったときにJリーグでプレーした。その前も日本リーグでプレーしていましたけども、その頃から考えると、本当に考えられないぐらいの選手の成長もありますし、そういった選手たちがビッグクラブとプレーする、実際にやっているというのを見られるというのは、本当に驚きではあります」

「それが逆にいうと普通になってきたというのが、またビックリしますね」

◆注目はプレミアの2チーム

──気になる対戦カード、注目の対決はありますか

「どちらかというとプレミアリーグが好きなので、プレミアリーグ中心に見ています。そのプレミアリーグのマンチェスター・シティ、リバプールなどに対して、バルセロナとかイタリア勢のユベントス、ナポリ、他にもアトレティコ・マドリーとか、そういったチームがどういったゲームをするのかが楽しみです」

「ただ、これだけのトップレベルのクラブが集まってくると、相手によって自分たちがやり方を変えるというのは恐らくないので、ガチで、自分たちのゲームスタイルの中で戦っていくと思います。世界のサッカーのトレンドが、こういったところで見られていくと思うので楽しみです」

「以前は、どちらかというとワールドカップでルールが変わったり、サッカーのトレンドが変わったりしていましたが、私はどちらかというとチャンピオンズリーグだと思います。世界最高峰のプレーというのは。その中で、それぞれのクラブのゲームモデルがどう変わっていくのかは楽しみです」

──Jリーグで監督をされていた時も含めて、やはり相手に合わせるよりも自分たちの良さを出す方が良いでしょうか

「スカウティングで一番難しいのは、どこのチームも当然戦う相手チームをスカウティングすると思います。ただ、相手をスカウティングして、相手の良さを消すことで自分たちの良さも消してしまうのは、それは結局全てマイナスになってしまいます。それをどの辺りで都合をつけるか。相手の良さを消しながら、自分たちの良さをいかに出していけるかが、スカウティングの一番面白いところです」

「特にグループリーグで戦うときに、トップレベルのチームに対して、下の力のクラブがどうやって相手の良さを消して、自分たちの良さを出しながら、勝ち点1でも取れるような戦いをするのかも楽しみです」

──注目チームはありますか

「プレミアリーグのシティとリバプールの戦いに注目しています」

──シティはグループに恵まれていると言われますが、CLのタイトルはまだ獲っていません。タイトル獲得のために足りないもの、必要なものはなんだと思いますか

「あれだけのチームですから、足りない所がどこかと言われると…全て揃っているチームだと思います。ただ、グループリーグは抜けると思いますが、ファイナル、セミファイナルとなると、さらにレベルの高いチームで、個のレベルも高いですし、特に前線の選手というのはスピードがあったり、パワーがあったりしますから、シティが攻撃に行ってカウンターを受けたときに、相手の能力の高さで破られます」

「特にそれがリバプールの前線の3人とかだとシティが戦う時に起こりやすいので、そういった所を含めてジョゼップ・グアルディオラ監督がどういった準備をしてくるのかは楽しみです」

──今シーズンのダークホースはどこでしょう

「国内の2番手、3番手のチームで考えると、スペインのアトレティコ・マドリーやイタリアのナポリとか。この辺りが、ひょっとしたらダークホース的な存在になり得るんじゃないかと思います」

「さっきも言った通り、国内でレベルの高い戦いをしている部分もあるので、強い相手に対してしぶとく勝ち点を獲るとか。そういったゲームをしてくれば上にくる可能性はあると思います」

◆注目はシティのスピードスター

──今シーズンのCLでの注目している選手は
Getty Images

「シティのラヒーム・スターリングを挙げたいですね。リバプール時代に17歳でデビューした時からずっと見ていて、リバプールで4年間過ごして、その時は年間一桁しか得点が取れませんでした」

「シティに移ってからの4年間で、30試合以上出場しているんですけど、1年目が6点、2年目が7点、3年目に18点取っています。そして昨年が17点を取っていると。今シーズンは開幕して4試合で5点取っているんですよね」

「取れていない時期というのは、スピードもあってチャンスも作り出すし、自分でも決定的なチャンスを作り出すけども、シュートがあまり上手くなくて、外しているシーンをかなり多く見てきました」

「昨年、一昨年あたりからシュートの決定力がかなり上がってきて、得点力が上がってきていると。監督からの信頼も非常に厚いという中で、またさらに今シーズンはブレイクする年になるんじゃないかなと思います」

「シティは非常に理詰めでサッカーのスタイルを作っているチームで、それぞれの攻撃や守備の立ち位置がある程度決まっていて、その中でどうやって相手を崩すかというボールの流れと人の流れが、割と決まっている部分があります」

「その中でもちろん技術がないとできないんですけど、スターリングなんかは元々あるスピードから技術的なシュートが上手くなって、チームの中の自分のポジショニングやボールを受けるタイミング、走り出すタイミングという戦術的な部分がチームにフィットして来ていてレベルアップしている。若い頃のただスピードがあって粗っぽい選手から、25歳になって円熟味が増して来ているというのは、スターリングの成長でもありますし、今シーズンはチャンピオンズリーグでもさらに凄い存在になっていくんじゃないかと思います」

──今シーズンは決定機でパスが来る印象もありますし、チームメイトの信頼もさらに増している印象ですが

「基本のスタートは[4-3-3]の左でスタートしますが、そこからインサイドに入って来て、間で受けてドリブルで突破して、カットインのシュートをしたり。右サイドから崩して入って来るボールに対して、入っていくタイミングやポジショニングが凄く良いんですね。おそらくワンタッチシュートも増えています」

「ゲームの中で、自分がどういうポジションで、どういうタイミングで入っていけば良いボールがくるのかは、本人もわかっていると思いますし、周りの選手も彼の特徴を生かせるようになって来ていると思います」


関連記事

おすすめ情報

超ワールドサッカーの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索