王者リバプールが終盤の2失点で昨季に続きナポリに敗戦で黒星スタート《CL》

王者リバプールが終盤の2失点で昨季に続きナポリに敗戦で黒星スタート《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)グループE開幕節、ナポリvsリバプールが17日に行われ、2-0でナポリが勝利した。

日本人所属のザルツブルクとヘンクが同居するグループE。昨季、リバプール、パリ・サンジェルマンの前にグループステージ敗退に終わったセリエAで2位のナポリは、2-0と快勝した直近のサンプドリア戦のスタメンから3選手を変更。ジエリンスキ、エルマス、マクシモビッチに代えてインシーニェ、アラン、マノラスを起用した。

一方、昨季14年ぶりにCL王者に輝いたリバプールは、プレミアリーグでは開幕5連勝と最高のスタートを切った。そのリバプールは3-1と逆転勝利した直近のニューカッスル戦のスタメンから3選手を変更。ワイナルドゥム、チェンバレン、負傷したオリジに代えてフィルミノ、ヘンダーソン、ミルナーを起用した。

昨季もグループステージで対戦した両チームの一戦は、オープンな入りとなった中、まずはホームのナポリがゴールに迫る。7分、ファビアン・ルイスのミドルシュートがGKを強襲し、ルーズボールを再びファビアン・ルイスがボレーで押し込みにかかるも、ここもアドリアンが凌いだ。

その後もハイレベルな互角の攻防が続いた中、21分にリバプールはショートカウンターからマネが枠内シュートを浴びせた。

前半半ば以降も引き続き集中力の高い攻防が続く中、ハーフタイムにかけてはリバプールがポゼッションする流れとなったが、ナポリはクリバリ、リバプールはマティプが立ちはだかり、前半のうちにゴールは生まれなかった。

迎えた後半開始4分、ナポリに決定機。マリオ・ルイの左クロスにメルテンスがボレー。だが、GKアドリアンのビッグセーブに阻まれた。

前半同様に集中した攻防が続く中、対するリバプールは65分にビッグチャンス。マノラスのクリアミスを拾ったサラーがボックス左からシュート。決定的だったが、GKメレトのファインセーブに阻まれた。

その後、インシーニェとロサーノに代えてジエリンスキとジョレンテを投入して攻撃にテコ入れを図ったナポリだったが、後半半ば以降はリバプールに押し込まれる状況が続いた。

しかし、80分にナポリがPKを獲得する。メルテンスのパスをボックス右で受けたカジェホンが深く切り返したところでロバートソンに倒された。これをメルテンスが決めてナポリが先制する。

そして追加タイム2分、ナポリに決定的な2点目が生まれた。メルテンスが敵陣ボックス内でファン・ダイクにプレッシャーをかけ、ルーズボールをジョレンテが蹴り込んだ。このまま2-0でナポリが勝利。昨季に続いてホームでリバプールを撃破し、白星スタートとしている。


関連記事

おすすめ情報

超ワールドサッカーの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索