バーレーンからCL初出場者が誕生!

バーレーンからCL初出場者が誕生!

ワールドカップ予選で日本のライバルとして挙げられるバーレーンからチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ初出場者が誕生した。

チェコのスラビア・プラハに所属する26歳のFWアブドゥラ・ユスフ・ヘラルは17日に行われたCLグループステージ初戦のインテル戦に出場。チームが1-0でリードしている79分に途中出場し、バーレーン人として大会初出場を果たした。

2012年にデビューしたバーレーン代表では38キャップを数える同選手は、2018年夏に母国のイースト・リファーというクラブからチェコのボヘミアンズに移籍。その半年後にスラビア・プラハへの完全移籍を決めたが、昨シーズンはボヘミアンズでのプレーを続行した。

ボヘミアンズではリーグ戦20試合で5ゴールを記録。本格的にスラビア・プラハでスタートした今シーズンはリーグ戦第9節を消化した時点で6試合に出場している。

なお、インテル戦は後半アディショナルタイムに追いつかれ1-1のドローに。バルセロナやドルトムントと同居する死のグループにおいて、最弱と位置付けられているチェコ王者だが、敵地ジュゼッペ・メアッツァで堂々たる試合を演じてみせた。


関連記事

おすすめ情報

超ワールドサッカーの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索