エバートンのトルコ代表トスンにアル・ガラファが興味か

エバートンのトルコ代表トスンにアル・ガラファが興味か

カタールのアル・ガラファが、エバートンのトルコ代表FWシェンク・トスン(28)の獲得を考慮しているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。

フランクフルトの下部組織で育ち、母国のトルコで頭角を現したトスンは、昨年1月にベシクタシュから移籍。当時ストライカー不足に陥っていたエバートンで、途中加入からリーグ戦14試合5ゴールを記録したものの、翌2018-19シーズンから徐々に出場機会を失っていった。

今夏の積極補強の陰で存在感が薄まってきているトスンにカタールからオファーが届いているようだ。欧州ではすでに閉鎖している移籍市場だが、カタールでは9月30日まで開かれている。古巣のベシクタシュ復帰を望んでいるとも言われる同選手が現段階でエバートンから離れるには、行き先は限られているようだ。

ユベントスから獲得したFWモイゼ・ケアンやアーセナルから獲得したMFアレックス・イウォビらの加入によって、今季はここまでプレミアリーグでの出場がないトスン。直近のボーンマス戦ではベンチ外となっていた。

なお、カタール1部のカタール・スター・リーグに所属するアル・ガラファは、ここまで第3節を終えて2勝1分けで2位につけている。


関連記事

おすすめ情報

超ワールドサッカーの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索