フル出場の長友が際どいミドルシュートもガラタサライ、クラブ・ブルージュに敵地でゴールレスドロー《CL》

フル出場の長友が際どいミドルシュートもガラタサライ、クラブ・ブルージュに敵地でゴールレスドロー《CL》

ガラタサライは18日、チャンピオンズリーグ(CL)グループA開幕節でクラブ・ブルージュとのアウェイ戦に臨み、0-0で引き分けた。ガラタサライのDF長友佑都はフル出場している。

レアル・マドリーとパリ・サンジェルマンのメガクラブが同居するグループA。昨季は3位でグループステージ敗退に終わったトルコ王者のガラタサライは、ファルカオやエンゾンジら実力者を補強した中、不動の左サイドバックである長友がスタメンとなった。

昨季ベルギーリーグ2位で予選3回戦から勝ち上がってきたクラブ・ブルージュに対し、押し込まれる入りとなったガラタサライは8分に大ピンチ。CKの流れからフリーのデニスにヘディングシュートを許したが、枠を外して助かった。

その後も流れを引き寄せられないガラタサライは、19分にFKからミトロビッチに際どいヘディングシュートを許してしまう。

思うように攻撃の形を作れずにいたガラタサライだったが、31分に決定機。相手DFのバックパスミスをカットしたバベルがボックス内に侵入。GKとの一対一となったが、ミニョレの身体を張ったブロックに阻まれる。

しかし、34分にはリッツにバー直撃のシュートを浴びたガラタサライは、主導権を握れないまま前半をゴールレスで終えた。

迎えた後半、開始6分にもガラタサライはピンチ。ヴァナケンのスルーパスでディフェンスライン裏に抜け出したデニスがGKと一対一に。しかし、GKムスレラがセーブした。さらに54分、右CKからオケレケの強烈なヘディングシュートが枠を捉えるも、GKムスレラがビッグセーブで凌いだ。

劣勢が続くガラタサライは61分にフェグリがバーを掠めるミドルシュートを放ったが、やはりペースを掴めない。

そんな中、守備に追われていた長友が終盤の82分に魅せる。CKの流れからボックス手前左でルーズボールを拾った長友が右足を振り抜くと、惜しくも強烈なミドルシュートは枠の左に外れた。

結局、ガラタサライは劣勢ながら敵地で勝ち点1を獲得したが、レアル・マドリーとPSGの牙城を崩すための3ポイントは逃す形となった。


関連記事

おすすめ情報

超ワールドサッカーの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索